pickup!
スポーツ障害予防とパフォーマンス向上その①

こんにちは。

BMSL(@Basketball_MSLです!

はじめての記事になります。

今回のテーマは「スポーツ障害の予防とパフォーマンスの向上」です。

当ブログ(BMSL)にとっては、とてもとても重要なテーマですので、何回かにわたって書かせていただきます!

今回の記事は、具体的な内容というよりは、BMSLのスポーツ障害予防に対する思いがメインとなりますので、興味のある方は是非ご一読ください。

「スポーツ障害予防」のイメージを変える

私は大学生の頃から、地域のミニバスにお邪魔して、スポーツ障害の予防に関する啓発活動をしていました。

そこで選手や指導者の方、保護者の方とお話するのですが、なぜかあまり食いついてもらえない…。

「なぜ?子どもたちの身体を守れるのに…。」

当初、私はとても悩みました。子どもたちの痛みをなくしたいと必死に考えていました。

そんなあるとき、指導者の方からいただいた言葉があります。

「子どもたちは上手くなりたいんだ。保護者もそう考えてるはずだよ。」

ハッとしました。

たしかに指導者の方の言う通りでした。

そもそも私だって、ミニバスから高校まで痛みなんて気にせず、上手くなるために、勝つために必死でボールを追いかけていたんです。

体育館とはそういう場所です。痛みなんて隅っこに追いやらなければならない場所なのです。

そこに、ちょっと医療をかじった私が「スポーツ障害予防」なんて…

今考えると、とても失礼なことをしたと思っています。

しかしそれでも、私には強い思いがありました。

子どもたちには、痛みを感じずにバスケをして欲しい。

というものです。

私自身、ずっと痛みを感じながらバスケをしていましたが、時々、「もしあの時、痛みがなかったら?」と思うことがあります。

きっともっと上手くなれたし、もっともっと楽しかったのではないか?と。

そこから私の障害予防活動は大きく変わっていきます。

どうすれば障害予防という概念を受け入れてもらえるのか。必死に勉強しました。

そして、私のたどり着いた、体育館に障害予防を受け入れてもらうために必要なこととは、

「スポーツ障害予防」のイメージを変える

というものでした。

もしかすると、今でも体育館ではスポーツ障害予防=無理しない、させないというイメージがあるのではないでしょうか。

つまり、選手や指導者にとって障害予防とは練習を少なくすることということになってはいませんか?

BMSLの考えるスポーツ障害予防とは、一概に練習量を少なくすることではありません。

むしろ、無理のできる体作りを奨励します。

そのために必要なことを、年代に応じて徹底的に指導していきます。

これがこれからのスポーツ障害予防であると考えています。

はじめての記事でずいぶん時間がかかってしまいました…。

次回はもう少し踏み込んで、BMSLの考えをお伝えしたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事