pickup!
身体で起こる物理の話 “硬い”とダメな理由を考える!

こんにちは

今回のテーマは「身体で起こる物理の話 “硬い”とダメな理由を考える!」です。

身体が硬いとケガをしやすい、とよく言われますが、そこに理由はあるのでしょうか。

身体の硬さはパフォーマンスにも直結しますが、今回はケガや痛みにフォーカスを当てて考えてみます。

 

硬さが引き起こす物体の動き

そもそも一般的に言う、身体の硬さとは何でしょう。

人間の支持構造は骨によって成り立っており、動きはその骨と骨をつなぐ関節によって成り立ちます。

つまり身体の硬さとは関節の動きづらさのことを指します。

関節の動きづらさは、関節周囲の関節包、靭帯、筋肉の硬さが関係しており、これらが原因で関節が硬くなると考えられます。

関節周囲のの軟部組織(関節包・靭帯・筋肉)の硬さ

→関節の動きづらさ

→身体の硬さ という関係性があるということですね。

ここで少し身体から離れて、硬さというものを考えてみます。

さて、ここで問題です。

上の図には柔らかい棒と、柔らかい部分と、硬い部分のある棒の2本があります。

この2本の棒をそれぞれ左右から同じ力で曲げようとした場合、どのような形になるでしょうか。

柔らかい棒は左右均等に曲がります。

それに対して、柔らかい部分と、硬い部分のある棒は柔らかい部分だけ多く曲がります。

イメージできますよね。

では次は、これに関節をつけていきます。

コンポーネントの硬さ同じものにして、関節を硬い関節柔らかい関節にして考えてみます。

この場合は、左右から曲げようとした場合、どの様になるでしょうか。

やはり、柔らかい関節が曲がり、硬い関節は曲がろうとしません

2つの関節の硬さが等しければ、同じ角度で曲がるでしょう。

つまり、関節同士の硬さが異なると、曲がりやすさに不均衡が生じるということです。

隣り合った関節の柔軟性が異なる場合、柔らかい方の関節がより曲がりやすい

曲がりやすさの不均衡は、柔軟性の均衡がとれない限り改善されない

 

硬さが作り出す身体の動き

バスケにおいて最近注目されている股関節を例に、この硬さの問題を考えていきます。

模式図に示したのは、股関節骨盤腰椎(背骨)です。

ここで、先程の物理現象を起こしてみます。

これは下肢を後ろに引く動き(伸展)です。

股関節が柔軟であれば、下肢を股関節によって後ろに引くことができます

それに対し、

股関節が硬い場合は、隣接する腰椎がそらされ、下肢が後ろに引かれます

この場合、硬い関節が股関節で、柔らかい関節が腰椎であったため、

曲がりやすさの不均衡が生じ、より柔らかい腰椎がそらされたということになります。

重要なことは、どちらも「下肢を後ろに引く」という課題は達成しているということです。
はたして、どちらが理にかなった身体の使い方なのでしょうか。

この曲がりやすさの不均衡によって生じる身体の動きは、いたるところで生じています。

下肢、上肢、首、呼吸などごく自然に生じる物理現象です。

痛みとの関連で考える

こういった現象は痛みなどの問題が生じなければ、人間にとって全く害を及ぼしません。

しかし、これが原因で痛みが生じることが、実はかなり多くあります。

さて、先程使用した模式図ですが、

この場合、硬い股関節柔らかい腰椎、どちらが痛くなる可能性が高いでしょうか。

この場合は、柔らかい腰椎が痛くなる可能性が高いです。

なぜかというと、下肢を引くたびに腰椎がそらされることで微細損傷の蓄積あるいは筋疲労が起こりやすくなるからです。

股関節が動かない分を腰椎がカバーしていると考えるとわかりやすいかもしれません。

これが、激しいスポーツ中に起こっているとすると、腰椎には高い頻度で負担がくることは想像できるのではないでしょうか。

硬くて動きが出ない部分を隣接する柔らかい関節がカバーする

柔らかい関節への負担が、その回復力を上回ればその関節は破綻してしまう


ではどうすればよいのでしょうか。

この問題は腰痛の治療に直結する問題です。

また今度記事にすることにしましょう。

楽しみにしていてくださいね!

長文失礼いたしました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事