pickup!
試してみて!ちょっとした膝の痛みに対する簡単マッサージ

こんにちは。

今回は、ちょっとした膝の痛みに試してみたいマッサージを紹介します。

ちょっとした膝の痛み、感じたことはありませんか?

痛いというか、むしろ違和感?いやちょっと痛い…?…といった程度のやつです。

といっても部位が様々あると思うので、今回は頻度が一番多い、お皿の下辺りの痛みに限定したいと思います。

バスケに限らずサッカーやバレーなど、どのスポーツ選手にもオススメしますし、

膝の痛みが気になる中高年、高齢者の方にもオススメの簡単マッサージです。

試合前でも職場でもいつでもできるのでやってみてくださいね!

感想をコメントにて教えてくださるとありがたいです(^^)

 

膝のお皿の下辺り

実は体育館でも、病院でも膝の痛みといえばここです。

病院に来る人は、もうちょっと痛み具合がひどいですが、痛みを訴える部位としては非常に多い部分となります。

さて、ここには何があるのでしょう。

そもそもお皿って?

解剖図からみてみましょう。

膝を正面から見ると、円い骨があります。これが膝蓋骨と言うやつです。

みなさんが「お皿の骨」とよんでいる骨ですね。

横から見ると、この膝蓋骨はモモの骨とスネの骨の前側に位置しています。

この3つの骨の位置関係は、筋肉の力を伝えるのにとても効率が良い構造となっています。

さて、次は筋肉をつけてみます。

お皿にはモモの方から筋肉が付きます。この筋肉が大腿四頭筋という有名な筋肉です。

この筋肉は、お皿→スネの骨というように付いているので、筋肉が収縮すると力がスネの骨まで伝わり、膝が伸びます。

今回のテーマである「ちょっとした膝の痛み」の部位はこのあたりの問題です。

さらにみていきましょう。

「お皿の下」というのは膝蓋骨からスネの骨までの間で、ここには筋肉の力を伝えるための重要な「腱(けん)」があります。

図で見ると、実は一本の真っ直ぐな腱だけではなく、斜めに走る腱もあります。

これらがあることで、筋肉の力がスネの骨に伝わるのです。

では痛むのはこの腱なのでしょうか…?

 

痛む部位はもう少し奥にある?

この腱が痛む場合もありますが、これは「膝蓋腱炎」といって、今回の「ちょっとした痛み」の範囲を超えています。

明確な分類はできないのですが、専門家でなければ、膝前のちょっとした痛みが悪化すると膝蓋腱炎になるというイメージで良いかもしれません。

では、今回のテーマである「お皿の下のちょっとした痛み」の原因はどこにあるのでしょう。

それは膝を縦断するとわかります。

腱の下に黄色いっぽい部分があるのがわかりますでしょうか。

図では赤丸で示した部分です。

これは脂肪の塊であり、この腱の潤滑剤クッション材といった役割を果たしていると言われています。

つまり、この脂肪体が膝の運動を円滑にするためのキーマンといっても過言ではありません。

腱には筋肉からものすごい張力が伝わり、それに伴い膝を伸ばす運動が起こります。

つまりこのストレスから腱やその他組織を守るためにこの脂肪体が重要な役割を果たしているということです。

では、もしこの脂肪体が何らかの理由で硬くなったりして、その役割を果たせなくなったとしたら?

先程、この脂肪体が潤滑剤のような役割をすると書きましたが、まさにその通りで、役割を果たせなくなると膝の動きに不具合が生じます。

この不具合が、「膝を伸ばしきるとなにか詰まる感じ」であったり「ちょっとした痛み・違和感」につながるのです。

 

脂肪体のマッサージをしてみよう!

マッサージにはその部位をほぐす柔らかくする効果があります。

さらに、筋トレなどとは違い、即時に効果が出ます。

つまり、マッサージをして違和感が減るか、無くなるかした場合には硬くなっていることが原因であるといえます。

逆に、マッサージでも変化がなければ硬さが問題ではない可能性が高まります。

とても簡単なので、まずはマッサージをしてみることをオススメします。

さて、硬くなり、本来の役割を果たさなくなった脂肪体をマッサージしてみましょう。

といってもマッサージの方法はとても簡単です。

図のように膝のお皿の下の部分を両方の親指で挟みます。

そのままグリグリと揉み込みます。

基本はこれで終わりです。

20〜30秒ほど揉み込んで、違和感や痛みを感じた動きを再現してみてください。

どうでしょうか。変化がありましたか?

「悪くないぞ?!」と感じた方は、さらに膝の運動をともなったマッサージもやってみてください。

やり方は簡単、同様に親指でお皿の下を挟みます。

そこで、挟んだまま膝の曲げ伸ばしを行います。

「うん!いい感じだ!」となっていただけたでしょうか。

実はリハビリでもこの手技はかなり使います。
これによって症状に変化があるか否かで治療方針を決めたりするのです。

 


いかがだったでしょうか。

「ちょっとした膝の痛み」改善しましたか?

してくれていることを願います。

ただ、1つ注意点があります

このマッサージは即時的な効果がありますが、根本的な「脂肪体が硬くなってしまう原因」を解決しているわけではありません。

この原因の多くは、大腿四頭筋の使いすぎや、大殿筋・ハムストリングスの弱さです。

それを改善しない限り、その違和感や痛みは繰り返すことになるでしょう。

以前の記事で同様のことを書いていますので、良かったら見てみてください。

こちらもチェック! バスケット 膝の痛み

長文失礼いたしました。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事