pickup!
バスケット選手の膝の痛み!

こんにちは。

男子バスケット日本代表チームの強さ!

これは本物ですね!

また誰かのスーパープレーを分析したいと思います!

 

さて、

今回のテーマは「バスケット選手の膝の痛み!」です。

具体的な痛みの話になります!

痛みと言っても今回はスポーツ障害による痛みのお話です。

半月板損傷や靭帯損傷などの外傷系は各論にしていきます(^^)

 

膝の仕組み

さて、バスケットにおいて膝痛が多いということ、

さらに膝の前方に痛みが生じるメカニズムに関しては以前の記事で書かせていただいました。

こちらもチェック! スポーツ障害について考える

バスケに限らず運動をしていて膝の前方の痛みを感じたことはありませんか?

膝の前方というのはとてもストレスを受けやすく、痛みにつながりやすい部位であると言えます。

これは以前書かせていただいた通り、関節であること強靭な筋肉がついていることが関係しています。

膝という部位は、関節という構造上よく動くようにできています。さらに、よく動くために強い筋肉がついています。

そのため、体重を支えながら動くことができます。

つまり、階段を昇れたり、走ったりできるということです。

例えば階段を昇るとき、膝にどれくらいのがかかるか考えたことがありますか?

実は体重の何倍という力がかかると言われています。

はたして、この力の正体は何なのでしょうか。

少し膝の解剖図をみてみましょう。

膝は主に3つの骨によって構成されています。

それが大腿骨と脛骨と膝蓋骨です。膝蓋骨がよくお皿と言われる骨ですね。

この骨にモモの前の筋肉(大腿四頭筋 だいたいしとうきん)をつけてみます。

大腿四頭筋が腱になりつつ膝蓋骨につき、それがさらに脛骨につくという構造になっています。

これにより、大腿四頭筋が収縮すると膝蓋骨を介して張力が脛骨に伝わり、膝が伸びる、という仕組みです。

つまり先程の力の正体は、この筋肉によって生じる張力です。

階段やジョギング、普通の歩行でさえここに張力は生じます。

この張力が痛みにつながる原因とは何なのでしょうか。

 

バスケット選手の膝の痛み

膝の運動によって膝の腱に張力が生じることは理解できたと思います。

ただ、張力が膝に生じることは自然なことであり、普通のことです。

ではなぜこの張力痛みにつながるのでしょうか。

 

負荷と回復のバランス

まず理解すべきポイントは、「負荷と回復のバランス」です。

腱に張力がかかっている以上、細い線維の小さな傷(微細損傷)は避けることはできません。

これはどんなにトレーニングを重ねた選手でも起こす生理現象です。

人間は生きていくために壊れた組織を修復しますが、

これは壊れることで新しくできるというシステムでもあります。

つまり、運動によって腱や筋に微細損傷が生じることはいけないことではありません。

むしろトレーニングとしては正しい現象です。

ただ、注意したいのは「壊れた組織に回復の時間を与えているか?」という点です。

微細損傷を起こした組織が回復するにはもちろん時間が必要です。

回復の時間を与えずに、毎日、微細損傷を起こし続けているとどうなってしまうでしょう?

そこに炎症が生じ、痛みが生じます。

もっとひどくなると腱がボロボロになってしまうかもしれません。

なので、負荷を与えて微細損傷を起こしたのであれば、それを修復するだけの回復時間が必要なのです。

 

大腿四頭筋の使いすぎ

先程も書きましたが、バスケット選手の膝痛は膝の前に生じることが非常に多いです。

これは大腿四頭筋を使いすぎた結果、過剰に生じた張力に集中し、痛みに繋がるケースがほとんどです。

そして、厄介なことにこの痛みは安静にして楽になったとしても、復帰するとまた同様のメカニズムで痛くなるという厄介な痛みなのです。

この痛みは、大腿四頭筋による過剰な張力が減少しない限り繰り返します。

つまり「大腿四頭筋を使いすぎてしまう身体の使い方」修正が、この痛みの治療ということになります。

 

大腿四頭筋を使いすぎる姿勢

さて、「大腿四頭筋を使いすぎてしまう身体の使い方」とはどのような使い方なのでしょうか。

これがイメージできると、バスケ選手になぜ膝痛が多いのか理解しやすいと思います。

まずはスクワットの姿勢で皆様に体験していただきます。

ABで姿勢の違いは一目瞭然です。

どちらが大腿四頭筋(ももの前の筋肉)を使いすぎる姿勢でしょうか。

 

両方の姿勢をそれぞれ20秒も保持してみて下さい!

 

いかがでしょうか。Aの姿勢ではももの前がすぐにパンパンになりますよね。

これが「大腿四頭筋を使いすぎてしまう身体の使い方」です。

この身体の使い方を身体運動力学的に説明すると、

Aの姿勢では膝よりも重心が後方にあるため、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)をメインに使う姿勢となり、

Bの姿勢では、膝よりも重心が前方にあるため、ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)をメインに使う姿勢となります。

…??となると思いますが、これはまさに運動力学で証明されている事実なのです。

力学的に証明されているということは、根性論などではなく理論的に修正ができるということも事実です。

つまり、これが痛みの原因であれば、痛みはほぼ間違いなく軽減させることができます

膝前面部痛への対処法身体運動力学についてはまた詳細に記事を書く予定ですので待っていてください。

 

なぜバスケット選手に膝痛が多いのか

さて、勘の鋭い人は、なぜバスケの選手に膝の前面部痛が多いのかピーンときたのではないでしょうか。

バスケ=重心を低くするスポーツ…ですよね。

つまり、練習や試合でAの姿勢を多くとれば取るほど、膝の前には張力が加わり、痛みに繋がりやすくなります。

さらに休養(練習がない日など)の時間がなければ、この張力によって生じた微細損傷は積み重なっていきます。

特に私が気にしていることは、育成年代のディフェンス練習です。

これが育成年代の選手の膝痛に繋がっているケースは非常に多いと予想しています。

なぜかというと、ディフェンス練習=胸を張って+ハンズアップ+腰を落とす(つまりAの姿勢)…という伝統的な練習方法が現在も普通に行われているからです。

もちろんそういった姿勢を取れることも必要な身体機能なのですが、

実際の試合では、そういった姿勢を取り続けることはありませんし、それが重要なわけでもありません。

実際の試合におけるディフェンスの役割と姿勢の関係性についてはこちらをご覧ください。

こちらもチェック! 八村塁選手のスーパーディフェンス

つまり、試合ではあまり使わない姿勢の練習をしすぎて膝痛を起こしているケースが非常に多いと感じます。

もちろん、バスケット選手の膝痛がこれだけの理由で生じているわけではありませんが、

育成年代においては一つの要素であると感じています。

膝痛の選手の多いチームはディフェンス練習の仕方など見直してみても良いかもしれません。

 

ちなみに、これまで多くのチームで「痛み」に関するアンケート調査を行ってまいりましたが、

痛いところがある」選手が全体の3割を超えてくるチームは、なにか対策をするべきであると考えています。

もちろん、痛い部位の1位は膝痛でした。


いかがだったでしょうか。

上手くなるためには痛みはないほうが良いです。

これは間違いのないことです。

もしチームでなにか取り組みたい!これってどうなの?といったことがあれば、お気軽にご連絡下さい

堅苦しくなく、ふわりとお答えさせていただきます(^^)

長文失礼いたしました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事