pickup!
ミニバス指導者必見!子どもの身体特性をベースに考える

こんにちは。

今回のテーマは「子どもの身体特性をベースに考える!」です。

最近、SNSなどで様々なトレーニングの情報が手に入る時代になりました。

最新のトレーニングを知ることができたり、NBA選手がやっていることをしれたりすることは非常に良いことだと思います。

ただ、それを見て

「よし!うちのミニバスでもやらせよう!」と安易に考えるのは少々危険です。

この回では、子どもの身体特性という視点から「なぜ?」をお伝えできればと思います。

子どもの身体特性

子どもの身体って一体どんなものでしょうか。

成長期の子どもたちの身体を理解するためにとても重要な言葉があります。

「Children are not just little adults.」

子ども達の身体は、大人の身体を小さくしたものではない。という意味です。

つまり、子どもたちの身体には、大人の身体にはない、これから大きくなるための機能と構造が詰まっています。

これを理解せずに、練習などを通じて子どもの身体に負荷をかけるのはとても危険です。

かなり一般的になっている知識ではあると思いますが、復習も含めてみていきましょう!

子どもの骨

子どもの骨には、これから大きくなるための構造が詰まっています。

骨は横にも縦にも大きくなりますが、特に縦に大きくなります。これが身長の増加の要因です。

骨を縦に伸ばすために子供の骨には「骨端軟骨(骨端板、成長軟骨)」という構造があります。

この構造があるために、骨は縦にどんどん成長することができます。

しかし、どんどん伸びることができる、ということは逆に言うと「まだ柔らかく、しっかりしていない」ということなのです。

図でみてみましょう。

この骨のてっぺんから少し下の部分(緑矢印)で骨のもとが発生します。

その骨のもとは徐々に大きくなり、それによって骨は縦にどんどん伸びていくわけです。

なのでこの骨のもとが生まれる部分やその周囲は、外力によるストレス(引っ張られる力や押される力)には弱いと考えられます。

子どもの筋肉

筋肉は骨と骨をつないでいます。それにより、関節が動かせるわけですが、

この骨自体ががどんどん伸びていくと、それをつなぐ筋肉はどうなってしまうでしょうか。

やはり、上下に引っ張られるかたちになり、通常よりも張力がプラスして加わることになります。

図で見るとこんな感じです。

この状態で、さらに、筋肉を使いすぎたり、硬いまま放っておいたら大変なことになりそうですよね…。

実際にオスグット・シュラッター病などで病院に訪れる若年の選手は、足やモモの筋肉がパツパツになっていることが多いです。

急激に身長が伸びるということは、筋肉も伸ばされ張っているということなのでしょう。

https://baske-medical-support.com/2019/02/03/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%97%85%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA/

子どもの神経

子どもの時期には神経系がよく発達するということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

まさにその通りで、「スキャモンの成長曲線」によると、

赤ちゃんの頃から小学校卒業あたりまでに急激に神経系が発達します。

ここで身体の動かし方などを学習していくと言われています。

「小さい頃には筋トレをするのではなく、リズム運動などをしましょう。」

とよく言われているのには、こういった理由があるわけです。

といっても赤ちゃんや幼稚園生ではこういったことを練習させることは非常に難しいです。

できたとしても遊びを通して体を自然と動かす程度だと思います。(もちろんこれで十分ですが)

しかし、小学生くらいになると、なにか競技を通じたトレーニングができるようになります。

こちらの言ったことを理解でき、神経系に良い刺激をいれられるこの小学校の時代は、選手にとっては非常に重要な時期であると考えています。

ポイント
Children are not just little adults.

子どもにはこれから大きくなるための機能が詰まっている

子ども身体特性をベースに考えるということ

具体的な構造から子供の身体特性を紹介しました。

やはり大人と子供では、そもそもの構造や機能が大きく異なり、まさに紹介したように「Children are not just little adults.」ということが言えるのではないでしょうか。

つまり何が言いたいのかというと、

大人と同じ方法によるトレーニングや練習は子ども向きではない」ということです。

最近では多くのトレーニングや練習方法が紹介されていますが、その殆どは大人の構造を対象としたものです。

そのトレーニングのもとになっている科学的な手法を用いた研究も、実はたくさんの大人を集めて行ったデータであることが多いのです。

なので、「科学的だから」、「エビデンスがあるから」といってネットやSNS上にある情報をそのまま子どもに適応させるのは危険です。

もちろん、子どもを集めてデータを取った研究に基づいたトレーニングであれば構いません。

バスケの練習でも、頻度時間強度など大人のデータをもとに組み立ててはいませんか?

休養、栄養、睡眠、遊び、バスケ以外の環境や生活も大人と同じではありません。

是非もう一度「Children are not just little adults.」を考えてみてください。


いかがだったでしょうか。

子どもの身体には可能性が詰まっています。

間違ったトレーニングとは言いませんが、子どもの身体特性を理解せずにトレーニングや競技をさせることはケガのリスクに繋がりますし、もしかするとその子の将来の可能性を狭めてしまっているかもしれません。

勝つためには体に負荷をかけるのは当然ですが、子どもの身体特性にあった負荷のかけ方があるはずです。

子どもにとっては将来活躍するための大切な時期ですから、それを取り巻く大人たちは最大限のサポート、努力をしていきたいですね(^^)

BMSLではそのサポートを全力で応援させていただきます!

長文失礼いたしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事