pickup!
バスケットボール競技者専用スポーツテストを公開 あなたのチームも始めませんか?

こんにちは!

先日、BMSLが作成したバスケットボール競技者専用スポーツテスト「Physical Fitness Test for Basketball Players」を公開しました。

思った以上に反響が大きく、正直驚いています。

皆さんはスポーツテストと聞いてどのようなイメージがあるでしょうか。

「意味がない」、「時間がかかる」、「めんどくさい」「きつい」

もしかするとあまり良いイメージではないかもしれません。

たしかに、チームでやるには日々の練習とは別に時間を設けなければなりませんし、準備にも手間がかかりますからね…。

しかし、実際にトップレベルの大学チームやBリーグに所属するチームは行っているわけですから、練習時間を割いてでもやる意義があるということです。

テストを通じ、身体能力を数値化しておくことにどんな意義があるのでしょうか。

今回はそんなことを書いていこうと思います(^^)

Physical Fitness Test for Basketball Players(PFTB)とは

PFTBの概要

PFTBは、バスケットに携わる理学療法士2名と、作業療法士、トレーナーの計4名で作り上げた、バスケット競技者専用のスポーツテストです。

実に半年以上の構想と実地テストによって形になりました。

コンセプトは、「簡易的で体育館で完結すること」となっており、

最小限の項目で、最大限バスケットに求められるの身体能力を測定できるように構成されています。

中には、独自に作り上げたテスト項目もあり、これまでにない、まさにバスケット競技者に向けたスポーツテストとなっています。

最小限の項目

測定項目は全部で13項目ありますが、実際に身体を動かすのは6項目です。

選手の人数、測定員の人数により、かかる時間は異なりますが、一般的なチーム(選手20〜30人)程度であれば2時間あれば十分に終わる内容となっています。

項目はすべて体育館で完結し、バッシュを脱ぐこともありません。

スポーツテストですので強度の高い運動が含まれますが、日々の練習の強度を超えることはないと考えています。

選手のコンディションが崩れないよう、最大限配慮し項目は選定してあります。

簡単な計測

計測に特殊な機器は必要ありません

体育館や自宅にあるものを持ち寄れば計測可能です。

全てcmといった具体的な数値として残すことができます

必要な計測機器
  • メジャー(1.5m×3、3m以上×1、20m×1)
  • ストップウォッチ(多いほど同時測定可能)
  • タイマー(競技で使うもの)

とにかく気軽に、簡単に、誰もができるテストとして作り上げました。

購入ページへ

スポーツテストを行う意義

スポーツテストを行うこと、つまり現時点での身体能力を数値化することの意義を私の視点で書いてみました。

これについては様々な考えや、データ利用の仕方があって良いものと思います(^^)

流れる時間に“点”を打つ!

時間は止まることなく流れていきます。

これは誰にも平等なことで、バスケ選手も同じです。

日々の練習を頑張ろうが、サボろうが、時間は流れます。

選手の身体の変化も同様で、練習によって微妙に変化しながら時間とともに流れていきます。

トレーニングの質が良ければパフォーマンスは微増し、意味のないトレーニングをしていれば徐々に能力は低下あるいは、現状維持で経過していくでしょう。

日々の練習によって、実際に能力が上がっているのか、下がっているのかは測定してみないことにはわかりません

スポーツテストは、測定時点の身体能力を具体的な数値として残すことができます。

流れる時間に記録という“点”を打ちましょう。

その点と点を比較することで、見えてくるものがあるはずです。

日々の練習は身体に変化を起こしているのか

“点”を2つ打つことができれば、その間で行った練習が選手の身体に変化を起こしたのかどうかを知ることができます。

「走り負けないために走り込み」をする場合があると思いますが、果たして本当に走れるようになっているのでしょうか。

なっていれば、正しい練習になったと分かりますし、なっていなければ何かが不足していたということが分かります。

これも測定してみなければわかりません

走り込めば、走れるようになる?跳ぶ練習をすれば、跳べるようになる?

本に書いてあった方法や、偉いコーチがやっていた方法、果たした本当に効果があるのでしょうか。

ぜひ皆さんのチームで検証してみてください(^^)

検証してみて初めて客観的な効果を知ることができます。

そこからチームごと、選手ごとの創意工夫が始まるのではないでしょうか。

下の記事は私があるチームに介入(トレーニング指導)した時の変化を記事にしたものです。

介入が良かったのか、悪かったのか、変わらなかったのか、これを検証することで、更に前に進むことができますよ!

ケガからの復帰とスポーツテスト

実は、バスケットにおけるケガからの復帰には曖昧な部分があります。

私は病院で、前十字靭帯再建術後の競技復帰などに携わりますが、最終的な復帰段階で確信を持って元に戻ったと言えたことがありません。

なぜなら、選手のケガをする前のパフォーマンスを私は知らないからです。

私のような病院で働く理学療法士は、ケガをしてバスケができなくなった状態から選手との関わりが始まるので、実際にどれほどのパフォーマンスを発揮していたのかを知るすべがないのです。

なので、競技復帰に向け様々な動作チェックを行いますが、最終的には、選手の主観に頼らざるを得ないのです。

ただ、選手本人も半年以上競技から離れているわけですから、ケガ前のパフォーマンスをそう簡単に思い出せるはずもありません。

そこで、スポーツテストの記録が活かせるのです。

ケガをする直近の記録があれば、それを一つの競技復帰の目安にすることができます

本人には痛みや不安感がなくても、記録がケガ前の半分も達成していなければ競技復帰は難しいという判断ができます。

捻挫でも、打撲でも、骨折でも同様です。

しっかりと数値を残していれば、

チームごとに、直近の記録の何%できていれば練習へ復帰、さらに何%までくれば試合もOK、といったリハビリのプロトコールを作成することができます。

これは指導者、保護者、ケガをした選手にとって非常に良い指標になるでしょう。

もちろん、病院などリハビリに通うのであれば、その記録を提示することで担当スタッフもかなり助かるはずです。

治療方針や最終的なパフォーマンスが明確化されるとリハビリはスムーズに進行します。

競技復帰も記録があれば、データに基づいた競技復帰になるのです。

BMSLの目指すこと

このPFTBを通じて我々の目指していることを簡単に紹介させてください。

どのカテゴリーでもテストが当たり前に!

冒頭で述べましたが、こういったスポーツテストを競技レベルの高いチームは行っています。

なぜかと言うと、単純に、それだけのメリットがあるからです。

そうして身体能力を数値で残しておこくことが、選手個人にも、チーム全体にも計り知れないほどのメリットをもたらすからです。

その数値をどう利用するかはチームごとに違うかもしれませんが、何かを知り、検証し、方針を決めるために利用しているのでしょう。

ではなぜミニバスや中学生、高校生チームなど、身体発達・発育の著しい世代で行うことが当たり前になっていないのでしょうか。

これは日本バスケにとって非常にもったいないことだと思います。

測定することで何かができるようになるわけではありませんが、そのために重要な何かを知ることができます。

何年かかるかわかりませんが、どのカテゴリーでも身体能力の数値化を当たり前にしていきたいと考えています。

練習の見直しと効率化!

昨今のスポーツの練習時間に関しては、昔のように1日中ダラダラと練習するよりは、短時間でより効果的効率的な練習をするほうが良いのではないか?という流れになってきています。

つまり、どういったトレーニングがこのチーム、選手にとって効果的なのか、をチームごとに検証していかなければならないということです。

待っていても誰もやってくれません。

協会も連盟も練習方法の提示はしてくれるかも知れませんが、本当にそれが自分のチーム、選手にあっているのかは測定してみないとわかりません。

数値として効果がない、となればその方法を継続する必要性は低くなりますし、代わりに何かを考案したり、調べたりしなければならなくなります。

手間であることは間違いありませんが、全国の各チームがそうしてより効果のある練習、トレーニングを検証するようになったら日本のバスケはどうなるでしょう。

これまでなんとなく慣習的に行ってきた走り込みや筋トレが、より効果のある走り込みや筋トレに変われば競技の底上げにつながることは間違いないと考えています。

その始まりが、まず測定してみることなのです。

リハビリの手助けに!

これは病院で働く理学療法士としての意見ですが、

実際に、担当する選手のケガ前のデータがあればどれだけ方針が立てやすいことか…。

私の所属する病院は様々な競技のトップレベルの選手が手術を行っていますが、やはりそういった選手は、リハビリがスムーズに進むことが多いです。

もちろん、もともと持っている身体能力が高いということもあるでしょうが、理由はそれだけではないと思っています。

多くのトップレベルの選手は、ケガ前の自分の身体能力のデータをもっています。

これは何らかの形でスポーツテストを行っているからですね

なので、リハビリ期間でも自分の現在地と目標が自然と整理されているのではないかと思っています。

これは選手本人だけでなく、我々のような理学療法士や医師、チームトレーナー、コーチ、監督にとっても同じことです。

どこに向けて、いつ、何をしていくか、が数値で整理され共有できることが選手の競技復帰には非常に重要なことなのです

バスケに限らず、スポーツをしていればケガもするでしょう。そこで競技生活を終える選手も実際に多くいます。

ただ、競技復帰までの道のりを整理し、より良くすることで助かる選手も間違いなくいるでしょう。

これもテストを通じて我々が目指していることです。

おわりに

Physical Fitness Test for Basketball Players」はとてもシンプルなスポーツテストですが、利用の仕方は無限大です。

項目を減らしていただいても、増やしていただいても構いません。実施の頻度もお任せ致します。報告の義務もありません。

一度購入していただければ永年、世代をこえて利用していただけます。

チーム間の資料譲渡も禁止にはしていません。

BMSLがしたいことは、「Physical Fitness Test for Basketball Players」を流行らすことではなく、身体能力の数値化を当たり前にするということです。

是非、チーム、個人での測定にご活用ください!

そして、普及にもご協力いただければ幸いです。

購入には500円必要ですが、これは今後のBMSLの活動費用とさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

長文失礼いたしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事