pickup!
【資料完成】バスケ界から撲滅しよう!【No more ! オスグッド・シュラッター病】

こんにちは。BMSL(@Basketball_MSL)です。

先日、半年ほどかけて作成していた資料、

No more ! オスグッド・シュラッター病

が完成し、やっと公に出すことができました。

私にとってオスグッドの撲滅は一つのテーマであり、大学生時代から取り組んでいる問題でもあります。

今回は、なぜそこまでオスグッドへの取り組みを重要視するの?

ということについて書いていこうと思います。

私もオスグッドだった

実は、私もオスグッドに悩み続けた選手の一人でした。

私がオスグッドを発症したのは小学校4〜5年生頃のことです。

ちょうどこの頃、身長が徐々に伸び始めたことに加え、上の学年の練習や試合に混ざるようになっていました。

当時、バスケは下手でしたが周囲の子どもたちと比較すると身体能力は高く、走る、跳ぶ、投げる、といった基本動作ではあまり負けた記憶がありません。

今ほどスキルやフォーメーションの練習などもなく、とにかく速く走れる、跳べることで活躍ができたので、試合への出場時間も長くなっていました。

発症

明確にいつ発症したという記憶はないのですが、練習後に左膝に痛みを感じていたという記憶があります。

しかし、当初あまりネガティブな気持ちではなかったのです。

なぜかというと、

大人から聞くこの痛みの話は、

「背が伸びている証拠だね!もっと大きくなるよ!」

「人一倍頑張っているからだ!」

「痛みを堪えて練習するなんてすごいな!」

といった、頑張り屋の小学生にとっては、むしろポジティブなことだと思ったからです。

学校の健康観察などで、得意げに「膝が痛いです!」なんて言っていました。

痛みが悩みに

オスグッドの痛みが悩みに変わったのは、中学校の部活が始まってからです。

中学の部活になると練習量や強度の増加により、膝への負担は更に増加しました。

痛みは練習後だけではなく、練習前、練習中でも感じるようになり、そのせいで取り柄だった、走る、跳ぶ、が思い切りできなくなったのです。

とはいえ、同級生や先輩など、競争相手に負けるわけにもいきませんから、更に無理を重ねていきました。

とりあえず痛いからアイシング?程度のケアで日々バスケを続け、結局痛みが引くことはなく中学の部活を引退しました。

痛みによって頑張りきれない自分を認識してはいましたが、どうしようもなく、

当時、「膝が痛くなければな」と何度も思っていたことを覚えています。

引きずる膝の痛み

高校に入り、身長の伸びが緩やかになったことでオスグッドの痛みが軽減し始めます。

ただ、練習量や強度は中学部活とは桁違い。今思えば膝には常に痛みを抱えていたと思います。

つまり、オスグッドとは少し違う部位の痛みを自覚していたのです。

これまではスネの骨(脛骨)の上の方に痛みを感じていたのですが、高校に入ってからはそこは押しても痛くなくなり、運動でも気にならなくなりました。

痛みを感じていたのは、お皿の骨(膝蓋骨)の下、あるいはその下の腱の部分です。

身長の伸びが止まれば膝の痛みも止まると信じていたので、「まだ伸びるのかな」なんて思っていました。

今思えば、その痛みがなければもっと高いパフォーマンスを発揮できていたことは間違いありません。

すでに「痛いのが当たり前」でしたので、痛みのないバスケを目指すことすらしていいませんでした。アイシングなどはしていましたが…。

引退後に知った「オスグッド」

バスケを引退し、自分のように痛みを感じながらプレーする選手を減らしたいと思い、理学療法士の道に進むことにしたわけですが、

そこで知った「オスグッド」は衝撃でした。

オーバーユース、骨端症、成長痛、スポーツ障害、痛み、生理学、バイオメカニクス、筋肉、などなど…

専門知識を学べば学ぶほど、私は特別な痛みで悩んでいたのではなく、一般的な教科書レベルの痛みでずっと悩み続けていたことを知りました。

高校になって痛い部位が変わったことも、結局は身体の使い方から考えれば至極当然のことだったのです。

脛骨の骨化が進み、骨がしっかりしたので次は膝蓋腱に痛みが出たということです。
いわゆるジャンパー膝ですね。

そして、その治療は複雑なものではなく、シンプルかつ明確なコンセプトによって確立していることも…。

「これを知っていれば、自分のバスケ人生は変わっていた…?」

この衝撃が今の私の活動に大きな影響を与えています。

第2の私が出ないようにしなければならないと強く思うからです。

オスグッドを引き起こす身体の使い方

オスグッドの原因はシンプルです。

ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の使いすぎが、成長途中の柔らかい脛骨を引っ張り、痛みが出るというものです。

「No more! オスグットシュラッター病」より

つまり、その予防や治療には、大腿四頭筋を使いすぎない身体の使い方の習得が必要になります。

資料中にもありますが、

主には、体幹の強化、股関節機能の改善、大殿筋、ハムストリングスを使った動作を習得していくことで、身体の使い方を改善していきます。

逆に言えば、こういった事ができていない選手がオスグッドを発症するということです。

例えば、走る、跳ぶ、止まる、切り返す、など、スポーツ動作のほとんどを大腿四頭筋任せで行っている選手が発症してしまうのです。

本当であれば多くの体の部位、筋肉で行うべき動作を大腿四頭筋に任せて行うということは、パフォーマンス的にも効率が良いとは言えません。

非効率的な動作の繰り返しが、オスグッドに繋がっているのです。

オスグッドへの取り組みがバスケに及ぼす影響

すでに発症している選手も、まだしていない選手も、オスグッドに対する取り組みを行うことが、バスケを続けるにあたって重要な身体の準備になります。

バスケは多様な身体の動きを必要とする、ハードなスポーツですので、大腿四頭筋だけで乗り越えることはできません。

むしろ、大殿筋やハムストリングスといった大きな筋肉に頼らなければ効率的な動作を行うことは難しいと言えるでしょう。

私の場合は、この事実を知りませんでした。

病院も受診しましたが、医師は教えてくれませんでした。

今一番の後悔は、しっかりとしたリハビリのある病院を受診しなかったことです。

膝の痛みを感じた小学生から、大腿四頭筋だけに頼らない身体の使い方を教わっていれば、簡単にでもこの痛みのメカニズムを知っていれば、中学・高校のバスケは大きく変わったのではないかと今でも思います。

より良いパフォーマンスを発揮するためには、オスグッドを引き起こす身体の使い方では限界があります。

痛みを引き起こさないためだけではなく、より良くバスケをするためにも、この取り組みが必要だと自らの経験からも言えるのです。

おわりに

オスグッドは、まず「知ること」、そして「実践すること」で、そのほとんどが予防、治療できると考えています。

痛みを感じた場合、まず診察を受けることが必要ですが、私のようにそれでOK、問題解決ではありません。

今回執筆した資料には、オスグッドに関する一般的な知識と、それを誘引する身体の使い方を修正するためのプログラムを載せています。

バスケ界からオスグッドを撲滅させるための取り組みは、必ず選手のパフォーマンスを向上させ、バスケ界の底上げにつながると信じています。

↓↓↓↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 92ca44ad4abcc6e687a44d996d54a699-226x300.jpg
画像をクリックでショップページへ

初めの期間限定で、誰でも手にとりやすい価格(600円→300円)に設定しております。

ぜひ参考にして頂けると幸いです。

note(https://note.com/bmsl)での販売もしております。

尚、当資料の売上の一部は、今回の新型コロナウイルスの影響でバスケの場を失った選手や、スクール、体育館運営で困難な状況にある団体に支援金として寄付させていただきます。

皆で乗り越えましょう。

長文失礼いたしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事