pickup!
【知って損なし!】専門家が考える「体幹」とは?

こんにちは。

BMSL(@Basketball_MSLです!

今回は、スポーツには欠かすことのできない「体幹」について書いていきます。

皆さんは、「体幹」と聞いて、なにを思いますか?
腹筋…的な?

この「体幹」という言葉がスポーツ界に浸透してから、しばらく経ちます。

しかし、個人的には現場で最も認識のズレを感じる言葉です。

実際にこの認識のズレのせいで、伝えたいことがうまく伝わらない、その説明に時間がかかってしまう…

という事が、多くありました。

そこで、これまで感じてきた、

「体幹」という言葉に対する、専門家と一般の方の認識の差

について書くことにしました。

一般の方が専門家レベルの知識をもつ必要はありませんが、専門家の認識だけでも知っておくことで、

  • ネットや書籍に溢れる情報が扱いやすくなる
  • 日々のトレーニングの質が上がる
  • 指導者と一般の方のコミュニケーション向上に役立つ

というメリットがあるかと思います。

それでは、早速まとめていきます!

「体幹」といわれる部位

まずは、「体幹」の場所についてです。

はたして、「体幹」は体のどこの部位を指しているのでしょうか?

いわゆる「お腹」ではない!

いわゆる「お腹」ではない!

よく聞きますが、体幹はいわゆる「お腹」だけを示す言葉ではありません

お腹を含め、背中、それもかなり上の方までが、「体幹」という部位になります。

『お腹に力が入る感覚』というのはわかりやすいですし、簡単に触れられる部位ですから、それこそが「体幹」と思いがちです。

しかし、実はもっともっと広範囲を示す言葉なのです。

専門家の考える、「体幹」といわれる部位

「体幹」とは、体の幹と書きます。

では、はどこかと言えば、両手両足がそれに当たります。

つまり、「体幹」とは、腕の付け根の肩関節〜足の付根の股関節付近までを指す言葉であると考えています。

大まかにいえば、胴体の全周囲がすべて「体幹」、ということになります。

専門家の考える、「体幹」といわれる部位

お腹や背中、肩甲骨のあたりも含めて、「体幹」ということになるのです。

お腹だけを「体幹」だとイメージしていた方にとっては、非常に大きな範囲に感じるかもしれませんね。

体幹の深さ

体幹の深さ
体幹の部位についてはイメージできた!
では、体幹の『深さ』について考えたことはありますか?

専門家は、目には見えない部位についても体幹という認識を持っています。

先程、胴体の全周囲が体幹であると書きましたが、それはあくまで目に見える部分です。

見えない部分にこそ、体幹の真価が問われる!

人間の体は、目に見える表皮から始まり、幾重にも層をなしています。

大まかに言うと、皮膚があり、脂肪があり、筋肉があり、骨があります。

つまり、体幹には背骨を囲うようにいくつもの層があり、それも含めて体幹である、といえます。

専門家の考える体幹の深さ

スポーツの現場で使用される「体幹」という言葉のほとんどは、筋肉を指していると思われますが、その筋肉にすら層があります。

特に体幹は人体にとって非常に重要な部位なので、非常に深く、細かく、筋肉が存在しています。

専門家の考える体幹の深さ
もし、腹筋が6つに割れている選手がいたら、「ああ、この選手は体幹が強そうだな」と想像しませんか?

しかし、専門家がそれで体幹の機能を決めることはありません。

目に見える腹筋よりも、背骨付近にまで存在する筋肉のほうが、体幹にとって重要な機能をもっている

と知っているからです。

まさに、目に見えない部分(深さ)にこそ、体幹の真価が問われるのです。

体幹の筋肉

次は、筋肉についてです。

「体幹筋」と聞いて、思い浮かぶ筋肉はいくつあるでしょうか?

実は、結構果てしない数があるのです。

「腹筋」だけが体幹ではない!

「腹筋」だけが体幹ではない!

先程出てきた、「腹筋が6つに割れている」というのは、「腹直筋」を指しています。

腹直筋とは、体幹でも正面の表層(外側)に存在する筋肉であり、目で観察することができる筋肉です。

この筋肉だけで体幹の真価を知ることはできない、という理由は既述のとおりです。

専門家の考える体幹の筋肉

体幹といっても範囲がとても広いので、ここでは骨盤〜肋骨間の腹部と背部をみていこうと思います。

まずは、腹筋群です。

腹筋群

図のように、一番正面にあるのが腹直筋です。

その横に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋と層になっています。

 

腹筋群

 

腹部にある体幹筋というと、専門家ではここまでイメージが浮かぶかと思います。

次に背部です。

背筋にも層があり、それぞれが非常に複雑な役割を果たしています。

背筋群

まず、最も表層にあるのが、腕につながる広背筋です。

そして下後鋸筋腰方形筋、背骨に密着するようにして大腰筋と、あとはいわゆる背筋があります。

背筋群

この背筋自体にも層があり、それぞれ異なった役割を果たしている、といわれています。

背筋の話は長くなってしまうので、別記事にします。

このように、「体幹筋」というと、部位を限定してもこれだけの筋肉を専門家は想像します。

それぞれ役割が異なる筋肉ですので、専門家としては、一概に「体幹が強い」とか「体幹が弱い」とは、なかなか言えないのです。

これは個人的な印象ですが、しっかりした専門家ほど体幹を細分化して考えており、そういった言葉を使っていないように思います。
もちろん、一般の方にわかりやすく説明する場合は別ですが。

「体幹」に何を求めるか

「体幹トレーニング」と聞いて、まず思い浮かぶのは、プランクでしょうか。

間違いではないのですが、プランクも体幹トレーニングのごく一部でしかありません。

硬めるだけでは物足りない!

プランク系のトレーニングをする人に多いのは、「体幹は硬いほど良い!」という考えです。

体幹にとって、硬くなることも一つの機能ですから、この考えも一概に間違いとは言えません。

しかし、ただ硬くなるだけでは真の体幹の役割を果たせません。

体幹には、他にどんな役割があるのでしょうか?

専門家の求める体幹の役割

体幹の役割とは、簡単にいうと背骨の役割のことです。

背骨には、

  • 頭部を支え、四肢がよく動くために安定させる役割
  • 背骨自体が曲がったり、ねじれたりする役割

があります。

前者が硬めるという役割だとすると、後者はその逆で、よく動くという役割になります。

硬めるだけでは物足りないし、動くだけでは不十分。

これこそが、体幹に求められるシンプルかつ複雑な役割であり、専門家が目指すものなのです。

おわりに

これまで感じてきた、体幹に対する考え方のズレについてまとめてみました。

間違いないのは、体幹とは、とても複雑で、重要な機能の塊だということです。

その奥深さゆえ、私自身まだまだ理解は不十分です。

一般の方々にも、ぜひ体幹の表面のみではなく、その奥深さを知ってほしいと思っています。

体幹とは何か?何を求めるのか?あるいは何が求められているのか?

簡単に答えは出ませんが、探求することで日々のトレーニングが変わって見えてくるかもしれません。

BMSLでは、そのお手伝いができればと思っています。

また別記事でも体幹について書いていきますので、楽しみにしていてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

◆書籍紹介

より機能的な『体幹』を求めるならこの本。

『硬めるだけでは物足りない』がしっかりと書いてあります。

created by Rinker
ベストセラーズ
¥1,100 (2021/02/24 16:34:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ベストセラーズ
¥1,100 (2021/02/24 16:34:55時点 Amazon調べ-詳細)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事