pickup!
【簡単】足の諸問題に効く!?バスケのフットケア

こんにちは。BMSL(@Basketball_MSL)です。

体育館に伺うと、必ずと言ってよいほど出会うのが“足”の問題…。

痛み、違和感、靴ずれ、外反母趾などなど…。

なかでも痛みでは、「かかとが痛い」「足の裏が痛い」という相談が多くあります。

そこで、今回は最低限の足のケアについて紹介しようと思います。

全ての問題に効くことはないですが、足の最低限の機能を維持するためのものなので、

あなたの足の問題にも、もしかしたら効くかもしれません。

手軽にできる、いや足軽にできるケアなので是非やってみてくださいね!

足の解剖学

足には人間が歩くための機能が詰まっています。

とても興味深い構造と機能をしていて、私も勉強をし続けています。

ここでは簡単に筋肉を図で紹介します。

マッサージやストレッチをする際にはその部位のイメージを持っておくと良いでしょう。

赤い部分が筋肉です。

足の裏には沢山の筋肉が付着しており、身体を支えてくれています。

しかし、それぞれが小さい筋肉であり、大きな筋肉ほど力が強くないため、酷使しすぎるとすぐに問題を起こします。

マッサージ

足でマッサージをしたい部位は、足の裏です。

東洋医学では、足の裏は第二の心臓とも呼ばれているそうです。

マッサージすることで、柔らかくすること以外にも何か良い効果がもたらされるかもしれませんね。

具体的なマッサージ方法について紹介します。

足の裏は、自らの手でマッサージするのが意外と難しい部位です。

なので、自宅にあるものを使いましょう。

私がよくオススメするのは、“ラップの芯”です。

ボールを使う場合もありますが、ボールだと様々な方向に転がること、圧力が1点に集中することから、やや効率が落ちる印象です。

そのため、一方向にしか転がらない、圧力を線で分散できるラップの芯をオススメしています。

ドリンクの瓶なども良いですね!

ストレッチ

次に、ストレッチを2種類紹介します。

足の甲

まずは足の甲側です。

足の甲側には指をそらす(足趾伸展)、足首をそらす(背屈)筋肉がついています。

意外とケアをされない筋肉ですので、硬くなっていることが多い印象です。

これもやり方は簡単です。

足の指を甲側から引っ張るだけです。

足の甲からスネの方まで伸びれば十分ですね。

足の裏

次は、足の裏側です。

足の裏側には足の指を握る筋肉や支える筋肉が沢山あります。

方法はこちらも簡単です。

指を反らして四つ這いになり、そのまま、かかとの方にお尻を落としていきます。

柔らかい人は何も感じないかもしれませんが、硬くなっている人は強い伸長感を感じると思います。

足の裏の硬さは、かかと痛みや足裏の痛みにつながりやすいので、練習を頑張った日は必ずケアをしてあげてくださいね。

ショートフットエクサイズ

最後はエクササイズです。

マッサージやストレッチだけで解決できる問題は、そんなに多くありません。

しっかりと足の筋肉を使う練習もして初めて、フットケアであると考えています。

動画ありましたのでそちらで紹介させていただきます。

(動画では「ベアショートフットトレーニング」でした)

足のアーチと身体運動には、深い関わりがあります。

土台となる足がしっかりしていれば、身体はよく動く、ということに疑う余地はありません。

ただ、「じゃあどのような足が?インソールは?」と聞かれると、まだ私には明確な答えがないのも事実です。

もっともっと勉強しなければなりませんね。


まとめ

身体の土台となる足のケアについて、簡単にまとめてみました。

フットケア、意外と忘れていませんか?

シューズは慎重に選ばれることが多いと思いますが、足自体のケアをないがしろにしていては、非常にもったいないです。

問題がなかったとしても、障害予防、パフォーマンス維持・向上には必要不可欠です。

簡単にできますので、是非やってみてください。

感想待ってます(^^)

長文失礼いたしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事