pickup!
フリースローからシュートを考える! 八村塁選手とケビン・ガーネット選手の比較

こんにちは!

日本代表は残念ながら全敗でしたね…。

でもワールドカップですからね!そうそう勝てる相手ではないことは間違いありません。

なんせ、あのアメリカ代表ですら準決勝にも進めないのですから…!

世界のバスケのレベルが上がっているのでしょう。

日本バスケもここからです!

さて、八村塁選手のフリースローを分析するシリーズが続いているわけですが、今回はケビン・ガーネット選手と比較してみようと思います。

皆さんケビン・ガーネット選手を知っていますか?

実は私ドンピシャの世代なので、あのディフェンシブなプレースタイル、バッシュ、背番号、全てに憧れていました。

知らない方は動画でどんな選手なのかをぜひ知ってください!

八村塁選手とケビン・ガーネット選手の共通点

これまでも分析してきましたが、ケビン・ガーネット選手も八村選手やレブロン選手と同様に、肩関節と肘関節の運動が明確に分離しています

https://baske-medical-support.com/2019/09/05/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%ef%bc%81%ef%bc%83%ef%bc%98%e5%85%ab%e6%9d%91%e5%a1%81%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88%e5%88%86%e6%9e%90/

私はこれまで多くの選手のシュートを分析してきましたが、

こうした肩関節と肘関節の運動が分離しているフォームの選手はループが低くなる印象があります。

しかし、レブロン選手を始め、同じようなフォームでもループをしっかりかけられる身体の使い方があることが分かりました。

https://baske-medical-support.com/2019/09/06/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%ef%bc%81%e5%85%ab%e6%9d%91%e5%a1%81%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88%e5%88%86%e6%9e%90%e3%80%80%e3%83%ac/

つまり、肘の最高到達位置肘の屈曲角度によっては、このフォームでも問題なくループがかかるのです。

ケビン・ガーネット選手のフォームも見てみましょう。

やはり、肘がまず上がり、そこから肘が伸びていくフォームですね。

八村選手と比較してみましょう。

八村塁選手との比較

まずは、肘の最高到達点時の比較です。

これは肩関節の屈曲という関節角度の比較なのですが…

ここまで違うとは…!

およそ、20°の差があります。

撮影の角度が違うので正確な比較にはなりませんが、それでも大きく違うことは明らかでしょう。

次は、肘関節の屈曲角度の比較です。

肘の曲がりもおよそ10°の差があります。

これら2つの比較から、八村選手と比べるとケビン・ガーネット選手のほうが

肘がよく上がり、よく曲がっているということができます。

ループに関して言えること

肩関節と肘関節の運動が分離しているフォームでも、肘が高く上がり、よく曲がる選手はループが低くなりにくい、と言うことができそうです。

特にガーネット選手は肘が高く上がるように思います。

八村選手たちのような肩と肘が分離したフォームでループがかからずに悩んでいる選手は、少し気にしてみても良いかもしれません。

最後に、八村選手、レブロン選手、ガーネット選手の比較画像を載せます。

フリースローに関しては、ループも、

八村選手<レブロン選手<ガーネット選手

といった印象ですよね。あくまで、印象ですが…。

  

いかがだったでしょうか。

ガーネット選手の肘の上がりや曲がりは抜きに出ていますよね。

ループが高いのも納得です。

これが確率にどのような影響を与えているのかと言うと、明言はできませんが、少なからずあるでしょう。

是非参考にしてくださいね。

長文失礼いたしました。

 

画像クリックで購入画面へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事