“ドリブルスキルを高める”バスケの練習グッズ5選!» click

【バスケ関係者必見!】機能解剖学に基づくシュートフォーム

こんにちは。BMSL(@Basketball_MSL)です。

以前よりBMSLが作成してきた、シュートフォームに関する資料(20ページ、10000文字)が完成しました!

機能解剖学に基づいた、身体の最も基本的な部分からシュートフォームについて解説しています。

以下に冒頭部分を公開いたします。

公開するのは冒頭の約6ページ分です。

ご興味のある方はぜひご購入ください(^^)!

 

一緒に日本のシュート指導を変えましょう!!

関連記事

シュートにおける肘の動きを“深く”知りたい方はこちら↓

あわせて読みたい
【バスケットボール資料】肘とシュートの関係性を徹底解析『肘の挙がりと曲がり』漠然とした指導からの... こんにちは! BMSL(@Basketball_MSL)です! この資料を作り始めてから、果たしてどれほどの年月が流れたのでしょう…。 やっと資料作成を終え、公開することができまし...

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“痛みのないバスケ”を目指し活動している理学療法士です。
バスケ選手の身体の使い方を分析し、それに必要なケア・トレーニング方法などを日々考えています。
機能解剖学的視点から新たなシュート理論を構築中です。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる