pickup!
バスケ練習グッズまとめ!“ドリブルスキルを高める”ためのアイテム5つ!

こんにちは。

BMSL(@Basketball_MSL)です。

今回は、新たな趣の記事を書いてみようと思います!

昨日、ある体育館にバスケの練習見学に伺ったのですが、

「使っているアイテムがボールだけじゃない…!」

と、驚いてしまいました。

以前からコーンや椅子などを使ったドリブル練習などはありましたが、なんだこれ?!と思うようなアイテムがあるようです。

言われてみると、SNS上にも様々なアイテムを利用した練習が紹介されている…!

ということで、ドリブルスキルを高めるためのアイテム、まとめてみました(^^)!

関連記事

フィジカル強化グッズはこちら!!

">
【保存版】バスケのフィジカル強化アイテム9選【強豪校は持っている】
【保存版】バスケのフィジカル強化アイテム9選【強豪校は持っている】
2021.4.12
バスケのフィジカル強化ってどうしていますか?アイテムを使用すれば、より効率的にフィジカルが鍛えられるかもしれません。この記事では、私が実際に訪問した『スポーツ強豪校』にあって、これ...

リップコーン

もはや持っていて当然のようなアイテムになってきているのでしょうか。

持っていないチームは即購入を検討するレベル、なのかもしれません。

使い方はアイデア次第で様々です。

低いドライブへの導入として使われることが多いでしょうか。

https://twitter.com/sbheroes_/status/1123553509322846208?s=20

テニスボール

こちらは定番アイテムでしょうか。

あのスーパシューターにしてハンドラーステフィン・カリー選手のワークアウトとしてかなり有名です。

リップコーンと違い、単価が安いのでチームでの練習にももってこいですね!

ハードル

こちらはまだあまり使われていないかもしれません。

YouTube 「Kemba Walker ‘Walk With Me’ Motivational Workout」より

ジャンプ腿上げのメニューでよく使うアイテムですが、アイデア次第でドリブル練習にも使えます。

高さは30cmあれば7号ボールを通すこともできます。

もちろんフィットネストレーニングにも使えますので、チームで持っていて損はないかと思います!

ミラー(鏡)

皆さんの練習場にはありますか?

トレーニングジム、リハビリ室、身体に変化を起こす場所には必ずあるものです。

これ、実はかなり有効な練習です。

自分の動きを自分で観察すること

は、身体の使い方に変化をもたらす一つの手段になります。

自然とルックアップしますしね。

オススメです!

YouTube 「Kemba Walker ‘Walk With Me’ Motivational Workout」より

こちらの商品のように幅があったほうが全身が見えるので良いと思います。

パーフェクトブロッカー

「ドリブルスキルだけ高めても…」

もちろんそうですよね。ドライブして、フィニッシュまで持っていって、AND1!

が最高です。

先ほど紹介した、リップコーンやハードルなどで動きを出し、リング近くにこれを持ってコーチが立っていれば、素晴らしいメニューの完成です。

オフハンドでボールを守れるか?

叩かれてもフィニッシュまで持っていけるか?

そして決められるか?

これを加えるだけで、ただの玉突き練習からバスケの練習へと進化するのではないでしょうか。

簡易的なスティックでも代用は可能かと思いますが、叩く力や耐久性を考えると、しっかりとした道具を購入したほうがいいかもしれません。

YouTube 「Kemba Walker ‘Walk With Me’ Motivational Workout」より

Hit Bag

こちらもフィニッシュまで行くことを想定して、あるいは押し合いながらのドリブルなど、とにかくぶつかり合いを制するためには必要なアイテムかと思います。

ドリブル練習では上手くかわすことだけを考えていてはいけません。

ぶつけて、ぶつけられてもボールを失わない、フィニッシュまで行ける能力こそがバスケで必要な能力です。

ガンガンやってください。

ちなみに、私の母校にはこれは6つほどありました。
線の細い私にはイヤーな練習でしたね…。

おわりに

バスケの練習に役立つグッズについて、ざっくりとまとめてみました。

意外だったのはリップコーンの値段の高さ…!(他に需要がないから…?)

そして、パーフェクトブロッカーの安さ…(こっちのほうが1万とかしそうじゃないですか?)

ドリブル練習は平らな地面とボールがあれば誰でもできますが、紹介したような様々なアイテムがあれば、さらにバリエーションを増やすことができます。

バリエーションが増える、ということは試合での様々なシチュエーションを想定できるということです。

個人で、チームで、新しいバリエーションを増やしてみませんか?

参考にさせていただいた動画です。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです!

長文失礼いたしました。