pickup!
『強く速いサイドステップ』には体幹・股関節が重要!【ディフェンスを上達させよう!】

こんにちは。BMSL(@Basketball_MSL)です。

今回のテーマは、バスケットにおいて非常に重要な動作である「サイドステップ」です。

特にディフェンスにおいては、”より強く、速くサイドステップができる”ほど有利な状況を作りやすくなります。

では、そうしたサイドステップを実現するためには、どのような身体の準備をすればよいのでしょうか?

ディフェンスの練習をし続ければ、それなりに出来るようにはなるでしょう。

ただ、それだけでは普通の選手との差はつけられません。

サイドステップにおいても、しっかりと身体の準備をすることで、より効率的にレベルアップできるはずです!

この記事はこんな方にオススメ!

・ディフェンスを上達させたい

・サイドステップが上手くなりたい

・サイドステップに必要な身体の使い方が知りたい

・具体的なエクササイズが知りたい

分析からわかる“サイドステップに重要な要素”

私はこれまで、トップ選手の動画実際に体育館で選手の動きなどを通じてサイドステップの分析をしてきました。

分析を通してわかったことは、サイドステップには様々な要素が絡んでいるのですが、その中でも重要な要素が3つあるということです。

それは、

  • 体幹の固定性
  • 股関節の柔軟性
  • 股関節周囲の筋力

です…!

具体的なエクササイズの前に、この3つの重要な要素について簡単に紹介します(^^)

1.体幹の固定性

実際のサイドステップの動きを分析すると、体幹はしっかりと安定している必要があることがわかります。

これは、脚の力を発揮するためにも必要ですし、脚の力を体幹に伝えるためにも重要なことです。

体幹がしっかりしているか否か、を判断するポイントとしては、

・ 背骨が曲がっていないか

・ 骨盤が水平を保持できているか

・ 骨盤に対して体幹が垂直を保持できているか

主にこの3点で見ていきます。

これらの何かが足りていない選手は、力をどこかでロスしてしまっている可能性があります

2.股関節の柔軟性

サイドステップにおいて重要な関節は股関節です。

しかし、この股関節を上手く使うには、そもそもの関節の可動域がないといけません。

特に重要な可動域は以下の3つです。

重要な股関節の可動域

屈曲:正しいパワーポジションをとるため

外転:サイドステップで脚を横に開くため

外旋:膝が内に入るような力のロスを避けるため

これらの可動域があることで、次に述べる筋力発揮にも良い影響が出てきます。

確実に確保しておきたい股関節の可動域といって良いでしょう。

ちなみに、経験則ですが、
「どこかが痛い」と言って病院に来る選手は、こうした股関節の可動域が不足している場合が非常に多いです。

3.股関節周囲の筋力

サイドステップは主に、脚を横に広げる(外転)筋肉によって達成される動作です。(体幹がしっかりとしていることが前提です!)

なので、この筋肉を鍛えずに「強く速いサイドステップ」を達成することはできません。

脚を横に広げる筋肉は股関節の周囲に付いているため、股関節を動かすエクササイズを通じてより良く鍛える必要があります。

サイドステップにおいて重要な筋肉

・ 大殿筋(お尻の筋肉)

・ 中殿筋(股関節の側方にある筋肉)

意外と意識しづらい筋肉ですので、まずは意図的に、“狙った筋肉を疲れさせる”事ができるようになりましょう!

サイドステップ上達のために!自宅でできる簡単エクササイズ

サイドステップに必要な要素について、少し理解は深められたでしょうか?

それでは、具体的なエクササイズを紹介していきましょう!

股関節のストレッチ

まずはストレッチですが、サイドステップにおいて必要な股関節の可動域は、

屈曲、外転、外旋でした。

この可動域拡大を目指すストレッチをみていきます!

運動前でなければ※、『20秒〜30秒』、『反動をつけずに』ジワジワと伸ばしてあげましょう。

※運動前の静的ストレッチについて、最新の知見についてはコチラの記事でまとめてあります!

1.屈曲可動域の拡大 ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングスのストレッチはこれまでの記事でも登場しました。

股関節の屈曲は、それほどBMSLで重要視しているテーマなのです。

イスの2パターンを紹介します。

どちらのパターンも骨盤をしっかり起こすことがポイントとなっています。

これをするとしないとで伸長感が大きく変わってきます。是非やってみてくださいね。

2.外転可動域の拡大 内転筋のストレッチ

こちらは、ストレッチといえばコレ!というような姿勢のストレッチです。

脚を横に開くことで、モモの内側を伸ばすのですが、ここでもポイントは同様です。

例え手を後ろについても、骨盤を起こすことを優先すると内転筋はよく伸ばすことができます。

骨盤を起こしたり、寝かしたりしながら伸長感を感じるのもいいですね。

3.外旋可動域の拡大 大殿筋のストレッチ

強いサイドステップをするためには、大殿筋の力を使う必要があります。

そのためには、大殿筋を“柔らかく、良い状態”にしておく必要があり、このストレッチが欠かせません。

また、この外旋可動域の拡大には、ケガの予防という意味もあります。

強く地面を蹴れるということは、それほどの強い力が脚にかかるということです。

この強い力に耐えられる脚を準備することで、ケガの予防に努めることができます。

股関節の外旋可動域の拡大は、膝が内に入る「Knee In」を予防する役割があり、そうした意味でもとても重要なストレッチなのです。

イスの2パターンを紹介します。

股関節ストレッチのポイント
    ・ 骨盤をしっかり起こす
    ・ 伸長感を感じる

股関節周囲の筋力トレーニング

次に筋トレです。

先ほどのストレッチで広がった可動域をしっかり使えるように、筋肉にも刺激を入れましょう!

使う感覚がわかったら、少しずつ強度を上げていくことができます。

今回は、セラバンドで強度を上げてみました。

今回使用しているセラバンドはコチラ↓の黄色のものです。

一般的に病院で使われているセラバンドは、黄色<赤<緑<グレーの順で強度が強くなります。

まずは黄色で始めてみて、上手く出来るようになったら強度を上げていく…という形がオススメです^^

created by Rinker
セラバンド(TheraBand)
¥1,740 (2020/10/20 21:56:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セラバンド
¥2,000 (2020/10/20 21:56:11時点 Amazon調べ-詳細)

1.中殿筋のトレーニング

とてもシンプルなトレーニングですが、こういった単純な動きをしっかりできるか、というのがとても重要です。

しっかりとできれば、自分の脚の重さだけでもかなりきつく感じるはずです。

次は強度の上げ方です。

セラバンド(チューブでもOK)を巻くととたんにきつくなります。

強度は モモ<足首 で、足首に巻くほうがキツくなります

試してみてください。

⒉大殿筋のトレーニング

こちらもとてもシンプルですね。

それだけに、注意しないと様々なエラー動作が生じてしまいます

しっかりとお尻に効かせましょう!

こちらの動画↓がとてもわかり易いので紹介します。
(中殿筋となっていますが、大殿筋にも非常によく効くトレーニングとなります。)

チューブも巻いてみました。

股関節トレーニングのポイント
・ 体幹、骨盤を固定する
・ 股関節だけを動かすイメージで
・ 大きく動かすことよりも、どこを使っているかを優先する

応用トレーニング

やや負荷の強いトレーニングです。

可動域が広がり、その範囲で筋肉を使う感覚がわかってきたら挑戦してみましょう。

少し不安定な姿勢であったり、多くの関節が同時に動くので、難易度は高いです。

雑にならず使っている筋肉を意識しながら行えると良いですね(^^)

⒈サイドブリッジ

サイドブリッジはリハビリでもよく使うトレーニングです。

体重と重力を利用して、脚を開く筋肉(大殿筋、中殿筋)に負荷をかけていきます。

お腹に力が入ると、骨盤がブレずに上手に負荷をかけることができると思います。

モモにゴムバンドを巻くことで負荷をよりあげることができます。

とてもキツイはずです…!

2.サイドウォーク

これまでやってきたエクササイズの集大成といっても良いかもしれません。

股関節の可動域・筋力があり、上手に発揮できれば、このサイドウォークもとても良いトレーニングになります。

ゆっくり小股で筋肉の疲労感を味わうも良し、大股でスピードを求めて行うも良し。

セラバンドの巻く位置は足首のほうが強度は強いです。

ここでしっかりと股関節周りに負荷をかけることができれば、すでにあなたのサイドステップは大きく変化しているでしょう!

あとは実践で実感できるといいですね(^^)

 

 

いかがだったでしょうか。

サイドステップをより良くするための身体の準備でした。

トップ選手の華やかなプレーの裏には、こういった地味なエクササイズの積み重ねがあります。

そのほとんどが特殊な器具を必要としない、自宅でできるものです。

やるかやらないかは自分次第ですが、ライバルはすでに始めているかも…

BMSLは皆さんの頑張りを全力でサポートいたします!

長文失礼いたしました。

 

画像クリックで購入画面へ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事